人が亡くなった場合には、種類は様々ありますがお葬式を行うことになります。

お葬式と不祝儀袋の書き方
ENTRY

お葬式での喪主の決め方について

人が亡くなった場合には、種類は様々ありますがお葬式を行うことになります。一番おおい形式としては一般葬になりますが、その際には必ず喪主を立てる必要があります。喪主は亡くなった親族の中の代表者であり、弔問を受けるのが役目となります。その喪主を決める基準ですが、基本的には亡くなった故人の一番身近な親族が喪主になります。喪主として一般的に配偶者がなります。夫が亡くなれば妻が、妻が亡くなれば夫が喪主となります。配偶者が既に亡くなっている場合は、配偶者の子供が喪主を務めます。ただしこれはあくまでも一般的に多いというだけになります。

例えば亡くなった人の配偶者が存命な場合でも、年齢がかなりの高齢などで喪主を行うのが難しい場合などはその子供が喪主になることはあります。亡くなった人の配偶者も亡くなっており、子供もまだ幼く喪主を務めることが困難な場合であれば、また別の近い血縁関係の親族の人が喪主を努めることもあります。もちろん亡くなる人が生前喪主は誰にしてほしいと決めている場合もあります。一般的には配偶者やその子供が喪主を務める場合が多いというだけで、喪主を決めるのは状況に応じて変更してもまったく問題はありません。

関連リンク

Copyright (C)2017お葬式と不祝儀袋の書き方.All rights reserved.