突然の訃報があった場合は、早々に通夜や告別式への参列のため喪服などを準備することになります。

お葬式と不祝儀袋の書き方
ENTRY

お葬式に子供を連れていく場合の服装について

突然の訃報があった場合は、早々に通夜や告別式への参列のため喪服などを準備することになります。その際、小さい子供を連れていく場合の服装などについてまとめます。まず小さい子供などは、基本的に通夜は告別式などの参加は避けるようにすることが良いです。小学生の高学年くらいであれば大人しく参列することは可能ですが、あまり長くじっとしていることができない小さい子供や、泣いてぐずる可能性がある赤ちゃんなどを連れた参列は避けます。その際は子供を預かるか、自分だけ別の日にお線香を上げるために弔問するなどの配慮すると良いです。ですが、参加する場合であれば子供の服装にも注意します。

中学生以上であれば、学校できている制服の着用で問題ありません。制服が無い場合は、白い無地のシャツやブラウスに、ズボンやスカートなども紺やグレーに黒など落ち着いた色の物を選びます。派手な色の服や、髪飾りやリボンなどは避けるのが望ましいです。赤ちゃんの場合は白いものであれば大丈夫です。他にはグレーの物やベージュなどでも自然で良いです。このようにお葬式に参列する場合の子供の服装なども、しっかりマナーを守って親族への配慮ある対応が大切になります。

関連リンク

Copyright (C)2017お葬式と不祝儀袋の書き方.All rights reserved.