お葬式には通夜と告別式があり、生前にお世話になったひとであれば最後のお別れをするために参列することになります。

お葬式と不祝儀袋の書き方
ENTRY

お葬式に参加するさいのアクセサリーとバックについて

お葬式には通夜と告別式があり、生前にお世話になったひとであれば最後のお別れをするために参列することになります。服装などは喪服を着用するなどお葬式にもマナーがあります。そんなマナーのなかで、見落としやすいポイントしてアクセサリーやもっていくバックがあります。男性の場合はバック自体は持っていく人は殆どいませんが、どうしても持っていく場合は黒くて小さいものにするのが良いです。普通の時計なら問題ありませんが、あまりに派手な装飾があるものやゴールドの時計、またブレスレットといったアクセサリは外しておきます。指輪は結婚指輪以外は外すのが望ましいです。

お葬式の際のネクタイピンは付けないことがマナーとなります。アクセサリーは結婚指輪だけに、他のものは外すことがマナーです。パールのネックレスをつける場合は、2連の物は避け1連の物を身につけます。髪の毛を束ねる場合は黒いゴムやピンなどを使用します。派手なゴムや装飾のある髪飾りはマナー違反です。女性が持っていくバックは黒いものであれば問題ありませんが、ショルダーバッグは避けたほうが良いです。このようにお葬式の際に身につけていくアクセサリーやバックなどにも最低限のマナーはありますので、しっかりと守って参列するようにすることがポイントです。

Copyright (C)2017お葬式と不祝儀袋の書き方.All rights reserved.