突然訃報の連絡を受けた際、まずは仮通夜や通夜へうかがうことになります。

お葬式と不祝儀袋の書き方
ENTRY

お葬式の前の仮通夜や通夜での服装について

突然訃報の連絡を受けた際、まずは仮通夜や通夜へうかがうことになります。その際の服装ですが、お葬式としてマナーがしっかりありますので失礼の内容にすることが大切です。まず人が亡くなった直後に行われるのが仮通夜となります。亡くなった直後ということで、近所に住んでいる場合や駆けつけられる人だけがうかがいます。その際は急な事なので落ち着いた私服で問題ありません。服の色は黒系などでまとめるのが良いです。仮通夜へ伺う際は、喪服は逆に避けるのがマナーとなります。仮通夜の段階で喪服をきていると、事前に亡くなることを予想していたと帰っておかしい服装となるため気をつけます。

通夜の場合ですが、急ぎでない場合は基本的にブラックフォーマルな服装でうかがうのがマナーです。男性の場合はダークスーツにネクタイなども黒や暗い色のものであればよいです。仕事帰りに直接伺うといった場合などは、ネクタイや靴下などを黒に変えるだけでも大丈夫です。女性の場合は紺やグレーなど地味な色の洋服が良いです。スーツなどでも問題ありません。翌日の告別式に参列できない場合などは、礼服で訪れて通夜での最後のお別れをする場合もあります。必ずこの服を着なくてはいけないというものは無いので、ある程度落ち着いて地味な色の服装を選べは問題はありません。

関連リンク

Copyright (C)2017お葬式と不祝儀袋の書き方.All rights reserved.