生活している中で、突然の訃報の知らせが来ることがあります。

お葬式と不祝儀袋の書き方
ENTRY

お葬式マナーとして弔問するタイミングについて

生活している中で、突然の訃報の知らせが来ることがあります。そんな時の弔問のタイミングはお葬式のマナーとして守るべきポイントがあります。まず親しい人や生前とてもお世話になった人の訃報の場合、すぐに駆けつけたいという気持ちはあるとおもいますが優先すべきは自分の気持ちではありません。一番優先すべきは今悲しみのにくられながらもお葬式の準備のために何かと忙しい御親族への配慮です。その為、もしすぐに駆けつけたいという際や通夜や告別式などなにかできることがあれば手伝いたいという場合は、事前に電話などで確認するのが良いです。

電話の際は要件は短くすまし、時間などにも考慮することを忘れないようにします。また訃報の知らせが御近所立った場合などは、生前から御近所付き合いでお世話になっていた場合であれば時間的に問題ないようであればすぐに伺いお悔やみを伝えます。ですが、長いなどはせず玄関先などでお悔やみの言葉を伝えてすぐに失礼すると良いです。そのあと通夜や告別式やお葬式などに参列します。その際も、何かお手伝いできることが無いかを申し出るとよいです。このように訃報の知らせに対して、弔問するタイミングはあくまでも親族への配慮が一番重要という点を忘れないようにすると良いです。

Copyright (C)2017お葬式と不祝儀袋の書き方.All rights reserved.