葬式は、人がなくなってしまうと今では当たり前のように、執り行うものであるという認識がつよくなってきていますが、現代の葬式では斎場という場所を貸しきって、葬式を行うものとな

お葬式と不祝儀袋の書き方
ENTRY

葬式をあげるということ

葬式は、人がなくなってしまうと今では当たり前のように、執り行うものであるという認識がつよくなってきていますが、現代の葬式では斎場という場所を貸しきって、葬式を行うものとなっていますが、一昔前であれば自宅で執り行うといったことが当たり前としていた時代もあったものの、今では斎場を利用することが普通となってきています。

なぜ、斎場を利用するようになったのかというと、人がなくなってしまうということは、急なことでもあり自宅で執り行うというと自宅に人を招かなくてはいけないため、清掃や場所を確保しなくてはいけないといった問題があり、人がなくなってしまうと遺族の方にはやらなくてはいけないことがたくさんあるため、自宅の片付けや場所を確保するといったことにまで余裕がないため、斎場をレンタルし葬式を行うといったことが当たり前となってきているようです。

葬式を行うために必要な斎場をレンタルするためには、時間などによってレンタル費用がかかってしまいますが、葬式に来てくれた参列者による香典によってレンタル費用を支払うことができるといったこともあるため、自宅よりも斎場をレンタルした方がいいという選択をとる遺族も方も多く、今では斎場を利用するといったことが当たり前となっていて、立派な葬式を執り行うために準備をしている方も多くいます。

関連リンク

Copyright (C)2017お葬式と不祝儀袋の書き方.All rights reserved.