仏式の葬式に参列する時の必要なアイテムに、数珠があります。

お葬式と不祝儀袋の書き方
ENTRY

数珠は仏式の葬式で必要なアイテム

仏式の葬式に参列する時の必要なアイテムに、数珠があります。ただ、うっかり持ってくるのを忘れたとしても、失礼には当たりません。数珠の持参は、地域による違いもあります。地元民が決まった形の物を持参する地域もあれば、むしろ数珠を持つ参列者の方が珍しいという地域もあります。葬式は、同じ仏式でも地域性がかなり出る行事です。馴染みのない土地での参列には、事前に分からない地域ルールがあるかもしれません。数珠の持参もその一つです。もしも必要かどうか分からなければ、とりあえずいつも使っている物を持って行くと良いでしょう。

数珠には、宗派による違いもあります。例えばある宗派では輪が二連ですが、別の宗派は一連です。珠の数や素材も宗派ごとに違います。もしも本格的な数珠を持つ場合は、自分の宗派に合わせて探すのがおすすめです。特にこだわりが無ければ、略式の手頃なタイプでも良いでしょう。ただ、珠の素材には葬式にふさわしくない物もあります。選ぶ時は注意が必要です。自分で判断できない時は、仏具店のスタッフに相談するのも一つの手段です。他の人との数珠の貸し借りは、基本的にタブーとされています。葬式への持参を忘れたら、人に借りたりせず、何も持たずに参列しましょう。

関連リンク

Copyright (C)2017お葬式と不祝儀袋の書き方.All rights reserved.