訃報の知らせがあった際、お葬式に参加します。

お葬式と不祝儀袋の書き方
ENTRY

お葬式にお供え物は宗教ごとに違います

訃報の知らせがあった際、お葬式に参加します。その際に生前とても親しかった人や、お世話になった人であれば香典だけでなく供物や供花を贈りたいという人もいると思います。この供物や供花ですが、宗教によって特色がありマナーなどに違いがあります。事前にお葬式の宗教の形式などを確認しておくのが大切です。まず一番一般的に多いのが、仏式のお葬式です。この場合の供物はお線香やろうそく、果物や千菓子や缶詰などになります。供花ですが、白い花であれば問題はありません。多いのは白い菊やユリにカーネーションなどです。また菊にかんしては黄色いものでも問題ありません。胡蝶蘭や故人が生前好きだった花でも大丈夫です。

次に神式の場合ですが、供物はお菓子や和菓子に果物があります。仏式と違いは神式の場合はそのほかに魚といった海産物にお酒や五穀なども供物として送ることができます。供花の場合は、仏式と同じく白い花や黄色い花が良いです。最後のキリスト式でのお葬式の場合ですが、供物は不要となります。供花は仏式や神式では問題のなかった黄色い花はマナー違反です。白い花だけを選びます。ただし白い花であればかご盛りや花束で送っても大丈夫です。このように供物と供花は宗教毎におくって良いものとそうでないものが違いますので、送る前には確認を忘れないようにすることが大切です。

関連リンク

Copyright (C)2017お葬式と不祝儀袋の書き方.All rights reserved.