お葬式での不祝儀袋の書き方は、知っておいたほうがいいでしょう。

お葬式と不祝儀袋の書き方
ENTRY
お葬式と不祝儀袋の書き方

お葬式と不祝儀袋の書き方

お葬式での不祝儀袋の書き方は、知っておいたほうがいいでしょう。そこに包む金額により、袋の格を上げるのもポイントになります。そこに包む金額として5千円以下の金額であれば、印刷は水引で略式の袋でいいでしょう。金額が1万円から2万円を用意するなら、黒白の水引の袋を用意します。金額が3万円から5万円ならば、今度は双銀の水引の袋です。レベルがどんと上がる10万以上にもなれば、大判でひだ折りのある袋で存在感を出します。それぞれの宗教によっても、水引きの色が違うことも知っていおきましょう。水引は結びきりであり、日本で最も多い仏式のケースでは、黒白のカラーか、もしくは銀色1色の双銀です。神式の場合は、黒白のカラーかもしくは白1色の双白を使います。キリスト教式であれば、使うのは白無地の封筒で構いません。

書き方として水引の下に、色は薄墨で名前を書くことです。本人の指名を水引の下の、ちょうど中央に記載します。苗字のみではなく、フルネームで書くのが礼儀です。文字を書くときにはボールペンや万年筆は避けます。必ず先に、薄墨の筆ペンを使用するか、もしくは用意した筆で書くことです。裏面に関しては、上の折り部分を下の折り部分にかぶせることで、水引をかけるようにします。これは慶事とは逆になります。中袋がありますのでその裏に、入れるお金の金額、それに住所や氏名を必ず書くようにします。記載をする金額は訂正ができないようにするために、漢数字の壱や弐などで記載をします。

関連リンク

Copyright (C)2017お葬式と不祝儀袋の書き方.All rights reserved.